全国でも特に首都圏では、高齢者の人口が溢れているため、老人ホームの入居待機者が非常多くなっているでしょう。

土地の確保もしにくく、首都圏内ではなかなか簡単には、新しく建設するということもできにくいという問題となっており、首都圏に住む高齢者を、入居率に余裕のある地方の老人ホームへ割り振る提案もなされているでしょう。

老人ホームのことならこちらのサイトが便利です。

高齢者にとっては、もともと住み慣れた場所を離れることになりますので、新しい土地で余生を過ごすことは不安も少なからずあるでしょう。

お勧めのNAVERまとめ情報が満載です。

しかし距離的には実際に遠く離れていても、今はパソコンなどでのコミュニケーションツールが便利になりましたので、いつでもどこでもご家族と話したい時に、パソコンなどを使ってテレビ通話などができますので、比較的安心感を感じられるのではないでしょうか。
また遠く離れた老人ホームほど、ご家族が遊びに来にくいという問題もあるでしょうが、例えば老人ホームと併設して、遊びに来られたご家族用の宿泊施設などを完備することで、ご家族の足が遠のくというリスクも解消されるのではないでしょうか。

もしご家族が、その地域に対して住みやすいという印象を受ければ、ご家族の移住にも繋がり、子供のいるファミリーが多くなることで、町の活性化にも繋がりますので、大きなメリットに繋がることが期待できるでしょう。

これから増々高齢者が多くなる時期に突入しますが、より利用者側の立場に立った老人ホームであることが、地域の活性化などに繋がり、利用者側だけでなく、自治体側に対しても大きなメリットが生まれ、両者にとっていい影響が期待できるのではないでしょうか。