高齢者になると身体的に生活の面でさまざまな制約を受けることようになります。

このように自由に生活が出来なくなったさいに利用するものが高齢者向け施設であり、そのひとつが有料老人ホームになります。

有料老人ホームは、高齢の入居者に対して、入浴や排泄の介助や食事や介護などを提供するものです。

有料という名称があるように、利用するためには利用料金を支払う必要があり、またそれぞれのサービスに見合うだけの費用を負担する必要があります。

また有料老人ホームも入居条件があり、一般的には60歳以上が対象となっています。



有料老人ホームの種類としては介護付き、住宅型、健康型の3種類があります。



いずれも提供されるサービスとしては必要であれば入浴や排泄の介助や普段の生活が困難な場合には介護を受けることができます。

従来の老人ホームでは一定数の人がひとつの建物に設けられた居室で生活することになります。

基本的には個室での生活になり、病院やホテルといった場所での生活様式になります。

一方で住宅型や健康型は住宅のような環境で利用することができますが、ひとつの施設に住むわけではないので24時間の介護サービスが受けられないなどのデメリットがあります。
これらはプライベートが重視されますが、介護を受けるという場合にはやや不利といえます。



しかし、これらの有料老人ホームは提供する会社によって大きく異るため、契約時にしっかりと選ぶ必要があります。