特別養護老人ホームなどに比べて、自由で快適な暮らしが出来るのが有料老人ホームです。入居費用や月額費用は割高にはなりますが、老後も楽しみたい方におすすめです。

そんな有料老人ホームでの利用者の1日の生活は、起床して身支度を整えることから始まります。

自分で身支度やベッドからの移動が困難な方は職員がお手伝いして、食堂に集まって朝食を食べます。
利用者それぞれの嚥下状態に合わせて、食べやすい大きさやとろみをつけて飲み込みやすくします。

厚生労働省に関する情報が満載です。

出来るだけご自分で食べていただきますが、職員が様子を見ながら援助していきます。
食事が終わったら、それぞれ自由に過ごされます。

10時になるとお茶の時間になり、好きな飲み物を飲んだりおやつを食べたりします。

この時間にバイタルチェックや利用者の皆さんの体調チェックを看護師が行います。そして水分摂取は、高齢者にとって大切なことなので、なるべく飲み物を勧めます。
お昼頃前には嚥下体操や歌を歌って、口や身体を動かすことでムセたり誤嚥を予防します。

昼食を食べたら、レクリエーションをします。
ゲームなどをして、コミュニケーションの場を設けることで、利用者同士の仲や職員との信頼を深めます。

午前や午後の空いている時間に、入浴をする場合もあります。

それぞれ身体機能に合わせた浴槽や機械を使用します。



出来ないところは、職員がお手伝いをして羞恥心に配慮しながら行います。

夕食は17時半頃に食べて、毎食後は必ず歯磨きなどの口腔ケアをしてもらえるように、職員からも声をかけたり援助したりします。

パジャマに着替えられたら、消灯時間までは自由に過ごしてもらい、21時には就寝の声かけをして消灯します。

夜間も24時間体勢で職員が援助をするので、安心して眠ることが出来ます。こうした有料老人ホームの暮らしがさは、季節によってイベントや外出をしたりもするので、快適に暮らしてもらえるように職員も努めています。